がらくたネット


Amazon Web Service Command Line Interface

Amazon Web Service Command Line Interface

2013/09/03にAWS Command Line Interfaceなるツール群がリリースされた
1つのツールと設定ファイルで複数のamazonサービスを操作できるCLIなので
超便利ー!です。

Aamzon Linux AMIにはプレインストールされている
最新バージョンにしたければ、yum remove aws-cliとして削除し、手動でセットアップしましょうと
マニュアルにあった。リポジトリがあるんではないのかぇ?って感じだが

動作環境

次の通り

  • python 2.6以上
  • easy_installが利用できること
  • pipが利用できること

入ってない場合

yum install python-pip python-setuptools

インストール

awscliのインストール、アップグレード、確認

インストール
easy_install awscli

アップグレード
easy_install --upgrade awscli

確認
aws help
→ヘルプが表示されればOK

設定

設定はデフォルトで~.aws/configと指定されている
ファイルにはCredential情報を記載するのでパーミッションは600ね
設定ファイルのサンプル

vi ~.aws/config

[default]
aws_access_key_id = ********
aws_secret_access_key = ********
region = ap-northeast-1
token = sample1234
output = json

[profile user1]
aws_access_key_id = YYYYYYYY
aws_secret_access_key = YYYYYYYY
region = ap-northeast-2

  • 括弧[]でプロファイルを複数指定して設定可能、defaultはプロファイルを指定しなかった場合に利用される
  • access_keyとsecret_access_keyでcredencialを設定
  • tokenを指定可能
  • リージョンを指定可能
  • 出力形式を指定可能、デフォルトはjson形式、json、textまたはtableの3種類から選択
  • cliでは–profile プロファイル名でプロファイルを指定

コマンド補完機能がある

tabキーを押すと補完してくれるって機能

コマンド補完機能を有効にする
complete -C aws_completer aws
すげぇじゃないか、これ。
tabキーを押すと補完してくれるって。

ヘルプシステム

コマンドのそれぞれの引数にhelpをつけるとヘルプが表示される

aws help
aws ec2 help
aws ec2 descrube-instances help
コマンド補完機能と併用すれば結構使いやすいと思われwww