がらくたネット


Amazon Web Service Command Line Interface ( OLD )

Amazon Web Service Command Line Interface ( OLD )

備忘録として書き中の2013/09/03
Amazonさんからawscliツールなるものがリリースされた
個々のサービス用にCLI Toolをセットアップする必要なく利用できるので
今後はそちらがメインになるだろう
という訳なのでこのページはお蔵入りってこと

Amazon Web Serviceそれぞれにコマンドラインツール(Command Line Interface)がある
これらのセットアップを紹介してみたいと思われる
あ、全てLinux対応版のみの紹介なのでよろしくー。

CLIの動作環境としてはJRE 1.6以上、Rubyです

参考までにJRE1.7 u25のインストール
export部分は次回から有効にする為にも.bash_profileに追記忘れずに!

su -
wget http://javadl.sun.com/webapps/download/AutoDL?BundleId=78694 -O jre-7u25-linux-i586.rpm
rpm -ihv jre-7u25-linux-i386.rpm
export JAVA_HOME=/usr/local/jre1.7.0_25
export PATH=$JAVA_HOME/bin:$PATH

認証情報

認証情報はファイルに記述しておくタイプと環境変数に設定しておくタイプの2種類がある
ユーザのAccessKeyとSecretKeyが必要になるので控えておく
AWSアカウントのKeyだと全権限を有していて有効範囲極大=危険度大なので
可能な限りIAM(Identity and Access Management)を利用して限定ユーザを作成し
そのアカウントのKeyを利用するのがよい

ファイル保存タイプ

ユーザホームに保存用ファイルを作成して変数で指定する
環境変数は.bash_profileに書いておくと次回から入力が省ける

vi .aws-credential
AWSAccessKeyId=[AccessKey]
AWSSecretKey=[SecretKey]
chmod 600 .aws-credential
export AWS_CREDENTIAL_FILE=.aws-credential

環境変数直設定タイプ

環境変数は.bash_profileに書いておくと次回から入力が省ける

export AWS_ACCESS_KEY=[AccessKey]
export AWS_SECRET_KEY=[SecretKey]

リージョン(region)

AccessKeyと同じようにリージョンも指定できる

export EC2_REGION=ap-northeast-1

各サービスのリージョン一覧はここにある