がらくたネット


CentOS6

CentOS6

RHEL6が2010/11/10にリリースされた。そこからCentOS6が近々リリースされるだろう。
2011/02/282011/06/28 今日の時点でも正式リリースはないねー。だけど、CentOS5.6とCentOS4.9が近々リリースされる。
ってことはCentOS6はまだちょっと先になるのかな。

CentOS6は色々言われているけども、もぅ少し先になりそうだね。(2011/04/06)
RHELからの派生ディストロとしてのScientific Linuxは正式に6をリリースしたねここ
なので、急ぐ場合はSL6で試してみるのも手です。

CentOS4.9はリリース済み
CentOS5.6は開発版リリース済み、もぅすぐ正式リリースって感じ?
2011/04/07に5.6のTorrentが出たねー。

っか、CentOS6はまだまだ出ません。2011/06/28
プレビューのスケジュールが1週間単位ぐらいで次々に遅れています。
結構大変な感じです。

2011/07/10 CentOS6.0がリリースされました
おめでとう。

リリースノートから

リリースノートから気になる点を抜粋?

  • インストールには392MBのメモリが必要
  • 搭載メモリが652MB以下であれば自動的にテキストモードインストールになっちゃう
  • テキストモードインストーラーではGUIに比べて、劣る。特にパーティション構成やストレージ構成、パッケージ選択部分等。
  • 搭載メモリが4GB以下であれば“Insufficient memory to configure kdump!”が表示されちゃう。kexec-toolをアップデートすればよいらいしい。
  • 64bit版の2枚目DVDにはOptionalパッケージが収録されてるんでインストールには必要ない
  • 32ビット版DVDは片面1層DVD+Rには焼けない。

えっ?まじですか?32ビット版…
っか64ビット版使えって事ですよね?

パッケージ情報

RHEL6とSL6で分かった情報を備忘録しとこう。準備だね。SL6でもおんなじバージョンだね。(当たり前か…)
CentOS6の情報も追記(2011/07/10)
注記がないところは同じバージョンって事。っか、ほぼ一緒。
アップデートすることで若干のバージョン差異が発生しまする。

  • kernelは2.6.32-71
  • bindは9.7.0-5
  • sambaは3.5.4-68
  • Pythonは2.6.5-3
  • Rubyは1.8.7.229-4
  • GDは2.0.35-10
  • ImageMagickは6.5.4.7-5
  • FreeTypeは2.3.11-6 (CO6)2.3.11-5
  • ligpngは1.2.44-1
  • ligjpegは6b-46
  • opensslは1.0.0-4
  • sendmailは8.14.4-8
  • postfixは2.6.6-2
  • Dovecotは2.0.0-10
  • vsftpdは2.2.2-6
  • mailmanは2.1.12-14
  • PHPは5.3.2-6
  • Perlは5.10.1-115
  • Apacheは2.2.15-5
  • PostgreSQLが8.4.4-2
  • MySQLが5.1.47-4
  • SQLiteが3.6.20
  • openssl098eというパッケージが下位互換性の為にある
  • ファイルシステムはデフォルトでext4
  • Postfixがデフォルト?Eximは削除
  • Dulpalが6.x?どゆこと?
  • Squidは3.1.4-1
  • Cronがcronieとなって、/etc/anacrontabが利用される
  • /etc/logrotate.confでdateextオプションが有効
  • Bashが4.1
  • mkinitrdがなくなりdracutに
  • syslogがrsyslogに変更
  • SysVinitがUpstartに変更!
  • GCCが4.4.3
  • 便利なリポジトリが標準パッケージ内に内蔵されている!

う~ん。やっぱり結構バージョン変わってるよね??
Apacheが2.2.15なのでSNIが利用可能だ。