がらくたネット


DELLのサーバ管理ツール

DELLのサーバ管理ツール

srvadmin、ポートは1311

DELLとして管理ツールのOpenManage用リポジトリが公開されている
RHELがサポート対象だが、CentOSとScientificLinuxも動作すると記載あり

DELL System Update

インストール手順
dsu(DELL System Update)コマンドが利用できるようになる

# リポジトリインストール
wget -q -O - http://linux.dell.com/repo/hardware/dsu/bootstrap.cgi | bash
yum install dell-system-update

# OpenManage Server Administratorインストール
yum install srvadmin-all

こっちは旧来の方式

wget -q -O - http://linux.dell.com/repo/hardware/latest/bootstrap.cgi | bash

# OpenManage Server Administratorインストール
yum install srvadmin-all

# install DTK
yum install syscfg
yum install raidcfg

# OpenIPMIを入れる
yum install OpenIPMI OpenIPMI-devel

firmware Toolのインストール

wget -q -O - http://linux.dell.com/repo/firmware/bootstrap.cgi | bash
wget -q -O - http://linux.dell.com/repo/community/bootstrap.cgi | bash

# install firmware tools
yum -y install firmware-addon-dell

# install BIOS update
yum install $(bootstrap_firmware)

# Inventory firmware version levels
inventory_firmware
# Compare versions installed to those available
update_firmware
# Install any applicable updates
update_firmware --yes

OpenIPMIを入れる理由
OpenIPMIがインストールされていない環境ではdellのdsm_sa_ipmiが代わりを担ってくれるが
これはkernelのipmiモジュールを利用している
kernelにそのipmiモジュールが同梱されていない場合はipmiドライバがロードできない事となり
OpenManageは起動するものの中身がほぼ何もない状態としか見えない
なので余計なことを考えずにOpenIPMIをインストールしておくのが良いと思われる。

メール設定の落とし穴

OMAの設定でメール関係があるが 特定の条件下では送信できなかった
サーバホスト名がFQDN名として名前解決できない場合には 指定したSMTPサーバに対してEHLO Hostnameを送出しない仕様になっている
この場合は、hostsファイルやサーバが直接参照しているDNSサーバに ホスト名エントリを追記することで解決できる!

さらなる落とし穴は、Server Administratorではイベント発生時に メール送信できない事!!!
OpenManage Essentialをご利用下さい…南無…(-人-)