がらくたネット


iSCSI

iSCSI

iSCSI(Internet Small Computer System Interface)やってみる

OSはSL6です

ストレージ機器側はターゲットと呼ばれ、ストレージ領域を提供します。 イニシエータはターゲットのストレージ領域を接続して利用します。

iSCSIノードはiSCSIネームを持ちます。重複せずに固定である事が求められます。

イニシエータがターゲットに接続する為にはIPアドレス、ポート番号、iSCSIネームが必要です。 静的・SendTarget・ゼロ設定のいずれかのオプションが利用可能です。

ターゲット側

yum install  scsi-target-utils
chkconfig tgtd on
service tgtd start
 
作成されるファイル抜粋
/etc/rc.d/init.d/tgtd
/etc/sysconfig/tgtd
/etc/tgt/target.conf
 
/usr/sbinに次のバイナリが作成される
tgt-admin
tgt-setup-lun
tgtadm
tgtd
tgtimg

iSCSIネームの指定 iqn.<yyyy-mm>.<tld.domain.host>.[:identified]

iqnは決まり事
yyyy-mmは後のtld.domainドメインの取得年月
tld.domainはドメイン名
hostはホスト名
identifiedはホスト上で複数のターゲットを作成する場合の識別名

tgtadm --lld iscsi --op new --mode target --tid 0 \
--targetname iqn.2005-01.net.e-garakuta.host1:iscsi0
 
確認
tgtadm --lld iscsi --op show --mode target

イニシエーター側

yum install iscsi-initiator-utils
 
/etc/NetworkManager/dispatcher.d/04-iscsi
/etc/iscsi/iscsid.conf
/etc/logrotate.d/iscsiuiolog
/etc/rc.d/init.d/iscsi
/etc/rc.d/init.d/iscsid
 
/sbinに次のバイナリ
brcm_iname
iscsi-iname
iscsiadm
iscsid
iscsistart
iscsiuio