がらくたネット


Pandora FMS

Pandora FMS

監視ツール
Enterprise版という商用版が存在している

インストール

リポジトリを利用するのが楽

リポジトリファイルの作成

vi /etc/yum.repos.d/pandorafms.repo

[artica_pandorafms]
name=CentOS6 - PandoraFMS official repo
baseurl=http://artica.es/centos6
gpgcheck=0
enabled=1

インストール

yum install pandorafms_console pandorafms_server pandorafms_agent_unix mysql-server

Apacheやphp等がインストールされる
MySQLはインストール後、rootパスワードの設定等を施す事


chkconfig httpd on
service httpd start
chkconfig mysqld on
service mysqld start

mysql_secure_installation

  1. Pandora FMSのWebコンソールからデータベースを作成 http://server名/pandora_console/
  2. DB設定 /etc/pandora/pandora_server.conf内のdbpassを設定変更
  3. サーバ起動 service pandora_server start
  4. install.phpを削除 /var/www/html/pandora_console/install.php
  5. ローカルエージェント起動
  6. Pandora FMSのWebコンソールから利用開始
  7. ログインしてまずはパスワードを変更

php.iniの設定変更を促されるのでやる

vi /etc/php.ini

MAX_INPUT_TIME = -1
UPLOAD_MAX_FILESIZE = 800M
MEMORY_LIMIT = 500M
max_execution_time = 0

service httpd restart

エージェントとtentacleサーバを起動する

vi /etc/pandora/pandora_agent.conf

remote_config = 1

service pandora_agent_daemon start
service tentacle_serverd start

基本設定変更
1.表示時間
2.タイムゾーン設定
3.日時形式設定
4.パフォーマンス設定
  データベースの保持期間を変更しておく