がらくたネット


WebminでPostfix

WebminでPostfix

Postfixを利用するに辺り、Webminを久々に触ってみた。

Webminを利用することで簡単にPostfixをバーチャルドメイン化できると思ってみたが いやぁ~手間かかりますな。って事で備忘録を残しておかなければいけないと思いましたよ。

PostfixはSMTPサーバなので、POP/IMAPとしてはDovecotを採用します。 OSはSientifixLinux。RHEL系なので、RPMでバンとインストールできる手軽さ。

Webmin

WebminはサイトからRPMをダウンロードしてインストール。

超最低限基本設定を行った。 つまり

  • 接続をSSL化(Webmin-ConfigurationのSSLでEnable SSLに、非SSL RequestのRedirectをYesに)
  • 言語を日本語化(Webmin-LanguageでGlobalをJapanese UTF-8に、Webmin-ConfigurationのLanguageでJapanese UTF-8に)

です。(笑

これで、Webmin接続に対しては常に日本語でSSL経由となります。

Webminのサーバ項目にPostfixとDovecotがある事を確認。なければ、Un-used Modulesを開いてインストールしておくこと。

Postfixの設定

最低限だと考えているバーチャルドメインメールを受ける設定。 デフォルトでMailbox形式なので、これはMaildir形式に変更しておく。何かとMaildir形式の方が便利だからね。

  • ローカル配送 「ユーザメールボックスがいるのホーム相対パス名」をMaildir/に
  • 仮想ドメイン 「$opts_virtual_maps」をMap Specificationsを選択して/etc/postfix/virtualを設定

一度、保存して適用を実施

  • 仮想ドメイン マッピングを新規作成できるようになっているはず
  • 仮想ドメイン 新規のマッピングを選択、「説明」は空白で「マッピング名」にメールアドレスを入力して「マップ先」はリアルLinuxユーザ名を入力する

マップ先にLinuxユーザ名を入力するが、実際にOS上に作成される訳ではない。なので、ちゃんと手動で作成してあげないといけない。

ユーザ作成

マップ先として指定したLinuxユーザの作成

  • システムのユーザおよびグループ 「新しいユーザを作成」を選択してユーザを作成します
  • ユーザ名はどのドメイン用ユーザなのか、わかるようにしておいた方が良いよね

たとえば、hoge@domain.comの場合は、hoge-domain.comというLinuxユーザとか。

  • ログインシェルは基本なしの方向で。メールユーザだからね。

Docevotの設定

とりあえずは、そのまま使えそうかな?

あ、一か所設定変更かな。

  • Edit Config Filesで10-auth.confを選択して、disable_plaintext_auth = noを追記する

変更した後は、保存→Apply Configuration→Stop Dovecot Server→Start Dovecot Serverを忘れずに!