がらくたネット


Spika

Spika

Spikaはスマホ専用オープンソースのメッセンジャーソフト
かの有名なLINEのオープンソース版
LINEを使うとID管理やデータ等は全てLINE側制御なので
管理はできないが運用はしなくてよいメリットがある
Spikaを利用すると運用管理をしないといけないけど
全ての情報を管理できるので、特に企業での利用は良いのんではないかな
それとプッシュ通知もできる
iOSとAndroidのソースが公開されているので独自仕様のアプリが組める

これをScientific Linuxで動かして色々試してみようというお話
Enterprise Linuxベースなので、CentOSでも動くよ

インストール

OSはScientific Linux 6.5を利用
CentOS 6.xでも同じ

事前にApacheとMySQLとPHPはインストールしておく
設定的には基本形でほぼOK
個別に細かい設定(例えばセキュリティ周り)は適宜やってねって事で

Spika-ServerはUbuntuを利用して開発されているので作法が異なる部分ありって事で

rootになる
$ su -
Password:

ソースをダウンロードして展開
# cd /var/www
# git clone https://github.com/cloverstudio/Spika-Server.git
# cd Spika-Server
# mkdir logs
# mkdir uploads
# chmod -R 777 logs
# chmod -R 777 uploads

# php /var/www/Spika-Server/composer.phar install -d /var/www/Spika-Server/

composerのインストール時点で躓いた点1

Warning警告がでる

Warning: This development build of composer is over 30 days old.
 It is recommended to update it by running "/var/www/Spika-Server/composer.phar self-update" to get the latest version.

アップデートする
# php /var/www/Spika-Server/composer.phar self-update
Updating to version d79f2b0fd33ee9b89f3d9f1969f43dc3d570a33a.
    Downloading: 100%

composerのインストール時点で躓いた点2

ext-domが無いって怒られた

Loading composer repositories with package information
Installing dependencies (including require-dev) from lock file
Your requirements could not be resolved to an installable set of packages.

  Problem 1
    - Installation request for phpunit/phpunit 3.7.29 -> satisfiable by phpunit/phpunit[3.7.29].
    - phpunit/phpunit 3.7.29 requires ext-dom * -> the requested PHP extension dom is missing from your system.

足りないモジュールをインストール
# yum install php-domxml-php4-php5

Apacheの設定は次の点

  • mod_rewriteが有効な事
  • DocumentRootが/var/www/Spika-Server/wwwrootな事

MySQLの設定

ユーザの作成
# mysql -p -e "create user 'spikauser'@'localhost' identified by '********';"
Enter password:

dbの作成
# mysql -p -e "create database spikadb;"
Enter password:

権限付与
# mysql -p -e "grant all on spikadb.* to 'spikauser'@'localhost';"
Enter password:

ここまで来たらブラウザ経由でインストール
http://[server name]/installerを開く

database接続項目を入力して進む

接続が成功したら進む

スキーマー作成が成功したら進む

初期データ作成が成功したら完了

failedする場合、Spika-Serverの下にcomposer.lockファイルがあるか確認
あったら削除

画面に表示されているinit.phpの値を控えて/var/www/Spika-Server/config/init.phpの該当箇所を書換える

Admin CMSにログインして管理者メールアドレスとパスワードを変更する
Admin CMSへのデフォルトアカウントは admin@spikaapp.com / password って事

ログイン後のDashboradからUsers→AdministratorでActionからEditする

パスワード変更はチェックボックスにチェックを入れることで変更可能
最後にsaveするとOK

日本語化

日本語ファイルがあるものの数行…orz
作成してみよう(と編集中なう)

バックアップ

本格的運用するにはバックアップとリストアを考えておかないといけないね

ファイルシステム側は/var/www/Spika-Serverの下って感じ
作成したuploadsディレクトリには、画像ファイルが入ってる

他の情報はSQL側
ってことで、SQL側はdumpとればOKぢゃね?