がらくたネット


WebminとVirtualmin

WebminとVirtualmin

WebminのモジュールとしてVirtualminがある。 Virtualminはサーバーを共用サーバーのように利用可能にしてくれるモジュール。 VirtualminにはGPL版とPro版があり、Pro版はライセンスが必要。

インストール

CentOSへのインストールは至って簡単だ。 Virtualminサイトからインストール用スクリプトをダウンロードして実行するだけ。これだけでWebminを含む必要なパッケージが導入される。 必要パッケージはOS標準のyumコマンドを利用しているのでリポジトリ管理を明確にしておく。

検証

Virtualminを検証しようとした目的は共用サーバーとして構築できるのか?といった事が知りたかったから。ここは備忘録。

  • 個人的にMTAはqmail+vpopmailで構築するのがよいのでこれに対応している事が望ましい
  • PHPやMySQLなども使いたいし、できればパッケージ管理で最新に迫ってる方が望ましい
  1. CentOS5.4 32bitをインストールしてyum updateした
  2. Virtualminスクリプトをダウンロードして実行…インストールされる
  3. Virtualmin日本語化ファイルを導入ここ
  4. Virtualminにログインしてwebminコンソールに切り替えて使用言語をEUC-JPに変更する。Virtualminの日本語化ファイルはECU-JPのみのため、UTF-8では日本語表示されない。それと日本語化ファイルはv3.64gpl版なので足りない部分は英語表記だ。
  5. postfixがインストールされるのでrpm -eで削除
  6. postfixユーザが残るのでuserdel -r postfixで削除
  7. qmail+vpopmail環境を構築
  1. remiとepleとDAGリポジトリを追加して有効にした

CentOS5.4 64bit版を入れて先にリポジトリを追加したらはまった…8-o