がらくたネット


moved:fml

#pginfo(1 FnHjkeSbgbw admin 3 none none 3 all all 1 FnHjkeSbgbw admin 1 ) fml4.0のインストール

fml4.0のインストール+qmail用設定

必要なパッケージ fml-4.0-stable-<日付>.tar.gz ここからダウンロードしてくるhttp://www.fml.org/

ユーザfmlとグループfmlを作成

# groupadd -g [GID] fml # useradd -u [UID] -g fml fml

ディレクトリ作成

# makedir /usr/local/fml /var/spool/ml # chown fml:fml /usr/local/fml /var/spool/ml

fmlユーザのMaildirを作成する

# su fml $ /var/qmail/bin/maildirmake ~fml/Maildir

fmlユーザのqmail設定をする

$ echo “./Maildir/”>~fml/.qmail

解凍 再度rootになって実施する

# tar zxfv fml-4.0-stable-<日付>.tar.gz

コンパイルとインストール

# cd fml-4.0-stable-<日付> # make install

Personal Use or ML-Admin-Group-Shared or fmlserv you use? Personal, Group, Fmlserv (personal/group/fmlserv) [personal] ← そのままenter

DOMAIN NAME [pon] ← mino..xx.jp ←ドメイン名を入力 FQDN [pon] ← pon.mino.xx.jp EXEC FILES DIRECTORY [/usr/local/fml] ← そのままenter TOP LEVEL ML DIRECTORY [/var/spool/ml] ← そのままenter Language (Japanease or English) [English] ← Japanease ←言語を指定 TimeZone (TZ: e.g. +0900, -0300) [+0900] ← そのままenter

— summary — DOMAIN NAME: mino.xx.jp FQDN: pon.mino.xx.jp EXEC_DIR: /usr/local/fml ML_DIR: /var/spool/ml Language: Japanese TimeZone: +0900

The current configuration is saved in /usr/local/fml/.fml/system

–install the Fml system to /usr/local/fml. (y/n) [n] ← y ←インストールが開始される

Setup CGI examples …. CGI configuration is saved in /usr/local/fml/.fml/cgi.conf

– Enjoy Internetworking!

インストールの終わり

ML設定

ML作成準備 /var/spool/ml以下のディレクトリの権限をfmlにする

# chown -R fml:fml /var/spool/ml

MLの作成 fmlユーザで作業を行う

$ /usr/local/fml/makefml newml

メッセージが色々出るので注意深く読む 初めて作成した場合は、/var/spool/ml/etc/qmail/users/assignが開けないと エラーメッセージが出るが、その後新規作成されるので問題ない

qmail設定

qmail用の設定をする 作成した<ML_NAME>のqmail用ファイルをfmlユーザのホームディレクトリにコピー コピーしたファイルのアクセス権をfmlにする ファイルは全てで7つある

$ cp /var/spool/ml/etc/qmail/alias/.** ~fml/ $ chmod fml:fml ~fml/.qmail*

qmailのユーザリストを更新する rootになって/var/spool/ml/etc/qmail/users/assignの中の ownerと<ML_NAME>の部分を/var/qmail/users/assignに追加する 追加後、/var/qmail/bin/qmail-newuを実行

$ su # cat /var/spool/ml/etc/qmail/users/assign » /var/qmail/users/assign # vi /var/qmail/users/assign     不必要な部分を削除する # /var/qmail/bin/qmail-newu

運用前設定

ユーザの追加 再度ユーザfmlになって実行する 作成した<ML_NAME>にユーザを追加する 作成した<ML_NAME>に管理者を追加する

# su fml $ /usr/local/fml/makefml add user@your.domein.com $ /usr/local/fml/makefml addamin user@your.domein.com

MLの設定変更 設定の変更はfmlユーザで行う

$ /usr/local/fml/makefml config <ML_NAME>

本番運用前の変更 本番運用前にログやカウンタをリセットしておく

$ cd /var/spool/ml/ML名 $ rm -rf seq summary log spool htdocs

その他 その他、ユーザfml内に存在しているqmail用ファイルの内容を 確認し、設定変更が必要な場合は適宜変更する

ファイル達 ファイル名 用途 .qmail-<ML_NAME> 投稿用アドレス .qmail-<ML_NAME>-admin 管理者宛でコマンドではなく人間が読むアドレス .qmail-<ML_NAME>-ctl コマンド用アドレス .qmail-<ML_NAME>-default .qmail-<ML_NAME>-request .qmail-owner-<ML_NAME> .qmail-owner-<ML_NAME>-ctl

VERPs (Variable Envelope Return Paths)の事

membersとactives membersに書かれているアドレスからのメールは受け取る 但し、配信されない 配信されるのはactivesに記載されているアドレスだけである membersにのみ登録するには $ /usr/local/fml/makefml add2members <ML_NAME> your@email.jp とすればよい