がらくたネット


日本語でCD-TEXT

日本語でCD-TEXT

カーオーディオや自宅オーディオでCDを聞く時に CD-TEXT情報が入っていればその情報が表示されますよね。 日本語情報が入っていれば日本語で表示されますよね。 これ意外と便利だと思っているのですがあまり普及していない感じですよね。 そしてパソコンを利用してこのCDを作成となると情報ソースが少ないですね。 いまどきCDで聞かない…って事ですよね。

でも

CDで聞きたいんです。聞かないといけない環境なんです。

パソコン上の無料ソフトでCD-TEXT付きで音楽CDを作成できるんですが ほとんどの場合、日本語は文字化けして表示されません。 これ、日本語はShift-JISで書かないといけないのですが ちゃんと書けていないのが原因なんですね。 ソフト側でちゃんと対応してくれればよいのですが…

で、色々と試行錯誤しながらたどり着いた方法 必要な道具

  • ImgBurn
  • Incomplete CD-TEXT EDITOR v1.10
  • CD-Rメディアとドライブ
  • 音源(MP3とかとか、Tag情報が付与されているのが望ましい)

CUEファイルを作成

ImgBurnでCUEファイルを作成

Tool → Create CUE File

音源を追加する前に「Default CD-TEXT」ってところでTag/Tagを選択しておく

音源追加

追加した音源を一つずつ選択して、CD-TEXT欄でCustomを選択して編集する
全て全角に統一する、スペースも同様

OKをクリックしてCUEファイルを作成する

CDTファイルを作成

Incomplete CD-TEXT EDITORでCDTファイルを作成

ファイル → CUEシート内のCD-TEXTを取り込む
この時点で画面下の文字列は化け化け(笑

1st言語のタブで操作

この言語でCD-TEXTを記録するにチェック

Languageを英語から日本語に変更
化け化けが直る!

編集 → 表示中の言語 → 半角全角文字の混在チェックを実行
混在があれば、そのトラック番号が指摘されるので修正する

ファイル → コンパイル済み形式で保存
ファイル名は半角英数字が望ましいので、cdtext.cdtとする
保存先はCUEファイルと同じディレクトリ

CUEファイルの修正

CUEファイルをテキストエディタで開く

先頭行に次を記述
CDTEXTFILE “cdtext.cdt”

閉じる

CD作成

ImgBurnでCUEファイルを指定してCDを作成する