がらくたネット


HP ProLiant

HP ProLiant

HPサーバを利用するシーンがあったので覚書

  • 100シリーズは安い分パーツ類も削ぎ落とされている。便利な機能が使えない
  • iLO2とiLO100cとは似て異なる
  • CentOS上に管理ソフトを入れるにはちょっとだけ工夫する(笑
    redhat-releaseをCentOS用からRHEL用に書き換えるのです...
    # cat /etc/redhat-release
    Red Hat Enterprise Linux Server release 5.3 (Tikanga)
    # cat /etc/redhat-release.CentOS5.3
    CentOS release 5.3 (Final)

管理ツール

  • めっちゃいっぱいある、覚えられない
  • 便利な機能がいっぱいある
SIM(System Insight Manager) 無償 統合インフラ管理ツール
ID-VSE(Insight Dynamics-VSE) 有償 仮想化統合管理ソリューション
IO(Insight Orchestration) 有償 ID-VSEの拡張機能で設計、導入、管理を自動化するソフト
IR(Insight Recovery) 有償 ID-VSEの拡張機能でリモート複製機能を提供
PSP (ProLient Support Pack) 必要なツール類をまとめたもの
LDU (Linux Deployment Utility) PSPのインストーラ
IMA (Insight Management Agent) hp-health、hp-ilo、hp-OpenIPMI、hp-snmp-agents等
ACU (Array Configuration Utility) アレイ設定ツール
ACU-CU (Array Configuration Utility for CUI) アレイ設定ツールのCLI版
ADU (Array Diagnotics Utility) アレイ診断ツール
VCA (Version Control Agent) バージョン管理エージェント
SMH (System Management Homepage) システム管理ツール
hponcfg (Lights-Out Online Configuration Utility) iLO設定ツール
hpmouse (high-performance mouse driver) 高機能マウスドライバ
IPM(Insight Power Management)電源管理
PMP(Power Management Pack) 電源管理

その他に対応ドライバなども一緒にインストールされる

LED

ホットプラグ対応SAS/SATAドライブのLED組み合わせ表

オンライン/動作 LED(緑色) 障害/UID LED(黄色または青色) 意味
点灯、消灯、点滅 黄色と青色で交互に点灯 ドライブ障害発生か障害予測アラート発生。ドライブは管理アプリケーションによって選択中。
点灯、消灯、点滅 青色点灯 ドライブは正常に動作しており、管理アプリケーションによって選択中。
点灯 黄色が一定間隔(1Hz)で点滅 障害予測アラート発生。ドライブ交換必要。
点灯 消灯 ドライブはオンラインだが動作していない。
一定間隔(1Hz)で点滅 黄色が一定間隔(1Hz)で点滅 ドライブが容量拡張中またはストライプサイズ移行中に障害予測アラート発生。拡張、移行完了後にドライブ交換必要。
一定間隔(1Hz)で点滅 消灯 ドライブが再構築中、消去中、容量拡張中またはストライプサイズ移行中。
不規則に点滅 黄色が一定間隔(1Hz)で点滅 障害予測アラート発生。ドライブ交換必要。
不規則に点滅 消灯 正常
消灯 黄色で点灯 重大な障害が検出されたためコントローラーがドライブをオフラインにした。ドライブ交換必要。
消灯 黄色が一定間隔(1Hz)で点滅 障害予測アラート発生。ドライブ交換必要。
消灯 消灯 ドライブはオフライン、スペア、アレイに組み込みされていない。

SMH&IMA

SMH(System Management Homepage)はシステム状態を一括把握できるツール

IMA(Insight Management Agent)はシステム状態を収集するツール

PSPによりインストール可能

PSPのLDUからインストールするが、kernelバージョン依存しているものなどは導入されない…というか導入に失敗する…

LDUにはアンインストーラーはない!なんという事だ…

インストールは非常に簡単で

# ./install<XXX>.sh
<XXX>はバージョン番号
とするだけ。

アンインストールは非常に面倒で

# rpm -qa | grep ^hp
一覧に表示されるものでかつPSP展開ディレクトリに存在しているものが対象

# rpm -qa | grep ^cpq
一覧に表示されるものでかつPSP展開ディレクトリに存在しているものが対象

その他PSP展開ディレクトリに存在しているものが対象
ドライバ関連は削除しなくてもよいのでそのまま放置

通信ポート

Firewallなどがある場合は以下を開放

2301 SMH
2381 SMH
161 SNMP
162 SNMP-TRAP
280 内部http

hp-snmp-agents

設定ファイルは

/opt/hp/hp-snmp-agents/cma.conf
SNMP Trapが発生した際、rootにメールするように記載あり
trapemail /bin/mail -s 'HP Insight Management Agents Trap Alarm' root
<code>
複数行記載可能。同時にmessagesログにも記載する



==== hpacucli ====
Array Configration UtilityのCLI版<code>
# hpacucli help

コントローラーやアレイの情報を表示

# hpacucli ctrl all show config

hponcfg

iLOの設定ツール

# hponcfg --help

このhponcfgはXMLファイルベースで制御できる。サンプルファイルがHPサイトにあるのでダウンロードして利用するのがよい。ここね 実際のサンプルファイルは、各サーバのDriversダウンロードページ内のSoftware - Lights-Out Managementセクションにある。 名称はHP Lights-Out XML PERL Scripting Sample for Linuxとなっているはず。分かりにくい。 linux-losamplescripts3.00.0-2.tgz

で、このファイルをhponcfgに-fで読み込ませると色々と設定できたり、参照できたりするのです。

hponcfg -f Get_All_Users.xml
これで設定されているユーザ名一覧が表示される

Linux上ではroot権限になっておくか、xmlスクリプト内のUSER_LOGINとPASSWORDを適切に変更しておく必要がある

hplog

ログ表示ツール

# hplog
usage: hplog  [options]
        -s <severity> = call to set the severity of a maintenance note
                The -s option must precede the -l option.
                Supported values for severity are:
                REPAIRED, CAUTION, CRITICAL, and INFO
        -l <"your note"> = call to log a maintenance note.
                (The note typed must be in double quotes).
        -v = call to view the entire log
        -V <entrynum> = view the entire log starting at entrynum
        -t Display current thermal sensor data
        -f Display current fan data
        -p Display current power data
        -i Display pci route table
        -a <option> Control Automatic Server Recovery
                Supported values for option are:
                STATUS, ENABLE, DISABLE, TIMEOUT=<val>
                val must be 5, 10, 15, 20 or 30 minutes.
<code>

===== hpuid =====
UIDツール<code>
# hpuid
usage: hpuid [options]
        -d = Disable the UID (Blue) Light
        -e = Enable  the UID (Blue) Light
        -s = Status of the UID (Blue) Light

hpasmcli

システム情報表示/設定ツール

# hpasmcli

hpbootcfg

起動順序表示/設定ツール

# hpbootcfg

System Insight Manager

HP System Insight Managerに関すること

v5.3.1の場合

インストール
# chmod u+x HPSIM-Linux*.bin
# ./HPSIM-Linux*.bin
Verifying archive integrity... All good.
Uncompressing Hewlett-Packard Development Company, L.P. HP Systems Insight Manager C.05.03.01.00..........................
Installing hpsmdb-rhel5-*.rpm ...
The files belonging to this database system will be owned by user "hpsmdb".
This user must also own the server process.

The database cluster will be initialized with locale ja_JP.UTF-8.
The default database encoding has accordingly been set to UTF8.

fixing permissions on existing directory /var/opt/hpsmdb/data ... ok
creating subdirectories ... ok
selecting default max_connections ... 100
selecting default shared_buffers/max_fsm_pages ... 32MB/204800
creating configuration files ... ok
creating template1 database in /var/opt/hpsmdb/data/base/1 ... ok
initializing pg_authid ... ok
initializing dependencies ... ok
creating system views ... ok
loading system objects' descriptions ... ok
creating conversions ... ok
setting privileges on built-in objects ... ok
creating information schema ... ok
vacuuming database template1 ... ok
copying template1 to template0 ... ok
copying template1 to postgres ... ok

WARNING: enabling "trust" authentication for local connections
You can change this by editing pg_hba.conf or using the -A option the
next time you run initdb.

Success. You can now start the database server using:

    /opt/hpsmdb/bin/postgres -D /var/opt/hpsmdb/data
or
    /opt/hpsmdb/bin/pg_ctl -D /var/opt/hpsmdb/data -l logfile start

The directory '/var/opt/hpsmdb/data' exists but is not empty.
If you want to create a new database system, either remove or empty
the directory '/var/opt/hpsmdb/data' or run initdb
with an argument other than '/var/opt/hpsmdb/data'.
hpsmdb          0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
ok
Installing hpsim* ...
ok

一度ログアウトする
# exit
$ su -
前提条件の確認、全てOKになっている必要あり
# /opt/mx/bin/mxinitconfig -l
Listing current status of server components (15):
  1. Check Kernel Parameters ..OK
Status    : Unconfigured
  2. Node Security File ..OK
Status    : Configured
  3. Server Property File ..OK
Status    : Unconfigured
  4. Server Authentication Keys ..OK
Status    : Unconfigured
  5. SSH Keys ..OK
Status    : Unconfigured
  6. Status Property File ..OK
Status    : Unconfigured
  7. Task Results Output Cleanup ..OK
Status    : Unconfigured
  8. Database Configuration ..OK
Status    : Unconfigured
  9. Database Content ..OK
Status    : Unconfigured
  10. Web Server ..OK
Status    : Unconfigured
  11. Setup Property File ..OK
Status    : Unconfigured
  12. JBoss Setup ..OK
Status    : Unconfigured
  13. Agent Configuration ..OK
Status    : Unconfigured
  14. Management Services ..OK
Status    : Unconfigured
  15. Initialization and Database Population ..OK
Status    : Unconfigured
Completed all tasks successfully.

Details can be found in the log files at: /var/opt/mx/logs

初期化
# /opt/mx/bin/mxinitconfig -a
Checking Requisites (15):
  1. Check Kernel Parameters ..OK
  2. Node Security File ..OK
  3. Server Property File ..OK
  4. Server Authentication Keys ..OK
  5. SSH Keys ..OK
  6. Status Property File ..OK
  7. Task Results Output Cleanup ..OK
  8. Database Configuration ..OK
  9. Database Content ..OK
  10. Web Server ..OK
  11. Setup Property File ..OK
  12. JBoss Setup ..OK
  13. Agent Configuration ..OK
  14. Management Services ..OK
  15. Initialization and Database Population ..OK
Requisite scan completed successfully.

Configuring Server Components (15):
  1. Check Kernel Parameters ..Done
  2. Node Security File ..Done
  3. Server Property File ..Done
  4. Server Authentication Keys ..Done
  5. SSH Keys ..Done
  6. Status Property File ..Done
  7. Task Results Output Cleanup ..Done
  8. Database Configuration ...Done
  9. Database Content ..Done
  10. Web Server ..Done
  11. Setup Property File ..Done
  12. JBoss Setup ..Done
  13. Agent Configuration ..Done
  14. Management Services ..Done
  15. Initialization and Database Population ....
..    - Configuring tools and populating tools database ..............Done
    - Initializing database ......Done
Completed all tasks successfully.

Details can be found in the log files at: /var/opt/mx/logs

mxdomainmgr、mxinventory、mxdtfが実行していることを確認
# ps -ef | grep mx
root      2846     1  0 11:07 ?        00:00:00 hpasmxld -f /dev/ipmi1
root     15748     1  2 11:25 ?        00:00:06 /opt/mx/lbin/mxdtf -env LANG=ja_JP.UTF-8
root     15749     1 43 11:25 ?        00:01:55 /opt/mx/lbin/mxdomainmgr -env LANG=ja_JP.UTF-8
hpsmdb   17108 15345 18 11:27 ?        00:00:27 postgres: mxadmin insight_v1_0 127.0.0.1(57502) INSERT
root     18039     1  4 11:28 ?        00:00:01 /opt/mx/lbin/mxinventory -WBEM 1248143333378
実行していないデーモンがあれば次のコマンドで開始させる
# /opt/mx/bin/mxstart

HPサーバー管理ドライバとエージェントが実行されている場合は停止する
# /etc/init.d/hpasm stop
SNMP Trapを送信できるように設定
snmpd.confのtrapsink行を設定する
 trapcommunity STRING
 trapsink <IPaddress>←このサーバーのIP
読み取り専用コミュニティの設定
 rocommunity CommunityName IPaddress
SNMPデーモンの再起動
HPサーバー管理ドライバとエージェントを実行
# /etc/init.d/hpasm start


これでポート280番に接続できるようになる
ここからファーストタイムウィザードを利用して初期設定を実施する
280番に接続するとhttps5000番にリダイレクトされる
ブラウザのポップアップ設定をする必要あり

アンインストール

  1. 停止
    # /opt/mx/bin/mxstop
  2. 停止の確認
    # ps -ef | grep mx
  3. 起動しているプロセスがあればkill -9 pidで終了する
  4. 削除
    # rpm -qa | grep hpsim | xargs rpm -e
  5. hpsmdbの停止
    # /etc/rc.d/init.d/hpsmdb stop
  6. hpsmdbデータベース削除
    # rpm -qa | grep hpsmdb | xargs rpm -e
  7. ディレクトリ削除
    # rm -rf /var/opt/mx /etc/opt/mx /opt/mx /var/opt/hpsmdb/ opt/hpsmdb
  8. システムを再起動する