がらくたネット


Piranha

Piranha

Piranha(ピラニア)高可用性ソフト

お勉強中なう@SL6

yum install piranha
httpd、php、ipvsadmが入る

RHEL6によると

piranha-gui pulse sshd の3つのサービスを自動起動設定にしておく

/usr/sbin/piranha-passwdを実行してpiranhaの設定用パスワードを設定する

/usr/sbin/piranha-passwd
New Password:
Verify:
Adding password for user piranha
パスワードが設定できたらpiranha-guiサービスを起動する あ、ユーザ名はpiranhaね!

piranha-guiはhttpdを呼び出す。httpdを停止やrestartしたらpiranha-guiを起動する必要がある

piranha-guiは3636番ポートで起動する

piranha configuration toolのアクセスに制限をかけます。 /etc/sysconfig/ha/web/secure/.htaccess

LVSルータは/etc/sysctl.confに net.ipv4.ip_forward = 1 を追加する

んでもって、リアルサーバを立ち上げておいてね

Direct Routing設定します

Direct Routingはarptables_jfを利用します 全てのリアルサーバで

arptables -A IN -d <virtual_ip> -j DROP
arptables -A OUT -s <virtual_ip> -j mangle --mangle-ip-s <real_ip>
service arptables_jf save
chkconfig --level 2345 arptables_jf on

で、全てのリアルサーバにIPを追加する

ifconfig eth0:1 192.168.76.24 netmask 255.255.252.0 broadcast 192.168.79.255 up
か
ip addr add 192.168.76.24 dev eth0
再起動後も利用できるようにifcfg-eth0をつくるかrc.localに書くかする

で、リアルサーバで

iptables -t nat -A PREROUTING -p <tcp|udp> -d <vip> --dport <port> -j REDIRECT
service iptables save
chkconfig iptables on